夜の街

<   2010年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

小沢氏に「けじめ」要求 前原国交相と枝野氏も(産経新聞)

 前原誠司国土交通相は31日、京都市で開かれた会合に出席し、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入事件に関し「新たな局面が生まれたときには、厳しく自浄能力を発揮していかねばならない」と述べ、事件が小沢氏本人に及ぶ場合には辞任を求める考えを示唆した。

 また「民主党が一番厳しくなくてはならない『政治とカネ』の問題で、代表、幹事長が渦中にいる。説明責任を果たすよう促さなければならない」と述べた。

 枝野幸男元政調会長も、さいたま市内での講演で「国民の理解と納得が得られなければ、私たちが目指す政治を本当に実行しようとするなら、けじめをつけてもらわなければいけない」と小沢氏の幹事長辞任について言及した。

 野田佳彦財務副大臣はNHKの番組で「7月の参院選で勝利し、安定政権を作るのが大目標だ。そのためにどういう判断をするかだ」と、改めて述べた。

【関連記事】
小沢氏は「簿外資金」説明を 虚偽記入事件で福島氏
【鳩山政権考】「新生」しない党に未来はない
「鹿島」「大成」「清水」トップら聴取 胆沢ダム受注時の幹部
小沢氏関連団体、資金洗浄か 迂回で1千万円、陸山会へ
「お騒がせしている」首相が小沢氏問題で陳謝

<鳩山首相>「起訴されないこと望む」発言を撤回(毎日新聞)
<千葉大生殺害>遺体のストッキングから無職男のDNA型(毎日新聞)
<鳩山首相>「国民から失笑」今度は自嘲 言葉軽く(毎日新聞)
小沢氏「責任」言及 低姿勢貫き逆風回避 検察・マスコミ批判も封印(産経新聞)
「おっぱいどうですか」警察官に客引き容疑で男逮捕(産経新聞)
[PR]
by stkaegjy9y | 2010-01-31 22:00

「相撲の横綱じゃない」朝青龍問題で石原知事(産経新聞)

 大相撲の横綱朝青龍が初場所中に泥酔して男性に暴行したとされる問題で、東京都の石原慎太郎知事は29日の定例会見で、朝青龍を「あんなものは横綱じゃないよ、僕に言わせれば。日本の相撲の横綱じゃない」と声を荒らげて批判した。

 石原知事は、相撲が国技とされているのは勝ったときにガッツポーズや派手な動作をしないなど「完成され洗練された様式」のためだと指摘。朝青龍について「まったくそれから外れている」とし、「格闘技は強いかもしれないが、それを是とするなら、相撲はどんどん形骸(けいがい)化し様式の美しさがなくなって、文化じゃなくなっていくと思う」と述べた。

 一方、角界の改革を目指すとして、日本相撲協会理事選挙に立候補した貴乃花親方(元横綱)については、「非常にいちずで珍しく純粋なお相撲さんだ」と評価。「僕は支持しますね、頑張ってもらいたい」とエールを送った。

【関連記事】
朝青龍暴行に川端文科相「極めて残念」 相撲協会に報告求める
貴親方、厳しい情勢も信念貫き立候補 改革の意を強く
朝青龍問題、やく氏も“引退勧告”「絶対やってはいけないこと」
朝青龍暴行事件、地元住民からも怒りの声「もう来ないで」
朝青、逃げた!被害男性は謝罪要求「絶対許さねぇ」

<自民>2月中に参院選候補者決定 全国幹事長会議開く(毎日新聞)
高級ホテルもペットOK 「家族化」進み客層拡大(産経新聞)
<訃報>伊能陽子さん75歳=伊能忠敬研究会顧問(毎日新聞)
32歳女性押され転倒、4000円入りバッグ奪われる 大阪(産経新聞)
上野動物園の「北限のニホンザル」逃走も捕獲(スポーツ報知)
[PR]
by stkaegjy9y | 2010-01-30 11:54

日本脳炎ワクチン、経過措置で結論出ず―厚科審小委(医療介護CBニュース)

 日本脳炎ワクチンの今後のあり方について検討するため、厚生労働省は1月27日、「厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会日本脳炎に関する小委員会」(委員長=加藤達夫・国立成育医療センター総長)の第2回会合を開いた。積極的な勧奨を2005年から差し控えていることで接種の機会を逃した人に対する経過措置について検討したが、結論は出ず、今後の接種状況や供給状況などを見て再度検討することになった。

 日本脳炎ワクチンの接種は、第1期が初回接種2回(標準3歳)、追加接種1回(標準4歳)の計3回で、第2期が1回(標準9歳)。前回の会合では、昨年2月に「乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン」が薬事承認されたことを受け、1期の標準年齢の小児に対する勧奨を4月から再開することが決まった。現在は、勧奨の差し控えによって接種の機会を逃した人に対する経過措置が論点になっている。

 この日の会合で事務局は、経過措置について、「2期のワクチンの使用の可否が明確になった時点で議論を行う」「2期の接種機会の確保よりも、1期を完了していない人への接種機会を優先する」の2つの対応案を提示。1期の接種を優先する場合はさらに、特定の年齢に勧奨を行うか、年齢を特定せず広く接種の機会を提供するかについて検討するとした。
 これに対し、委員・参考人が意見を述べたが議論はまとまらず、加藤委員長が、2期の安全性と有効性に関する厚生労働科学研究補助金事業の検討結果や、接種シーズンである夏ごろまでの接種状況や供給状況などを見て再度検討することを提案し、了承された。

 日本脳炎ワクチンをめぐっては、05年5月にマウス脳による製法のワクチンで接種後に重篤な副反応を発症した事例があったため、厚労省が接種の積極的な勧奨を差し控えた。しかし、昨年2月に承認された「乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン」が、6月に定期接種の1期に使用できるワクチンとして位置付けられている。ただし、2期の接種は、「安全性・有効性が確立していない(使用経験が少ない)」とされ、予防接種法上の扱いは決まっていない。


【関連記事】
日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省
乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン、定期予防接種に
新たな日本脳炎ワクチンの使用でQ&A−厚労省
小児用肺炎球菌ワクチンを国内初承認
ワクチンの早期定期接種を−5万5千人の請願署名

<詐欺>東電元社員ら逮捕 融資金2.4億円詐取の疑い(毎日新聞)
世界最大のサンゴ礁沖を初掘削=過去2万年の気候変動解明へ−化石採取・豪州沖(時事通信)
美と幽玄の世界 京都・壬生寺展始まる(産経新聞)
<通常国会>菅氏、論戦で存在感…首相への質問も答弁(毎日新聞)
地検リーク「ある」でNHK元職員クビ(スポーツ報知)
[PR]
by stkaegjy9y | 2010-01-28 22:40

原発放射線管理区域内に吸い殻…原電と関電(読売新聞)

 日本原子力発電と関西電力の原発で2008年から09年にかけて、たばこの吸い殻が、法令で喫煙が禁じられている放射線管理区域内で相次いで見つかっていたことがわかった。

 両社とも「たばこが持ち込まれた時期や経緯についてはわからない」と説明し、「今後は再発防止を徹底する」としている。

 原電によると、敦賀原発1号機(福井県敦賀市)では08年3月と同7月に原子炉建屋内でそれぞれ1本ずつ、東海第2原発(茨城県東海村)では同年5月に4本、09年11月に1本の吸い殻が床に落ちていた。

 関電によると、美浜原発1号機(福井県美浜町)で08年6月、原子炉建屋内に数本落ちていた。

 原子炉等規制法の規則などでは、放射線が体内へ取りこまれるのを防ぐために、管理区域内での喫煙や飲食は禁止されている。

 昨年12月、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)で同様の問題が発覚したことを受け、原電と関電が当時の記録を調べたことなどから判明した。

<宝塚歌劇団>雪組トップ娘役の愛原実花さん、9月に退団(毎日新聞)
聴覚障害の裁判員候補者に手話通訳準備せず(読売新聞)
耐震補強予定ない、65.5%=理由「お金かかる」が半数−内閣府調査(時事通信)
大阪市職員61歳、ガム噛み窓口対応 厳重注意処分(産経新聞)
司馬遼太郎さんが愛した森再現、一般開放へ(読売新聞)
[PR]
by stkaegjy9y | 2010-01-27 14:19

卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件−甲府地裁(時事通信)

 山梨県笛吹市で2006年、県立高校教諭岩間友次さん=当時(59)=が、24年前に担任した元教え子の男に刺殺された事件をめぐり、妻常美さんが公務外災害とした処分の取り消しを求めた訴訟で、甲府地裁は19日、生徒指導との因果関係を認め、地方公務員災害補償基金の処分を取り消した。
 太田武聖裁判長は、男には妄想性障害があったと認定。「生徒指導を端緒に形成された妄想から本件が引き起こされた」と判断した。その上で「妄想は持続するのが通常で、生涯にわたって発展することがある」と結論付けた。
 判決によると、岩間さんは1982年の卒業式前日、精神的に不安定になっている男を自宅に招き、式に出席するよう指導。男はこの際、人工的に障害を負わされたとして殺害を決意した。
 岩間さんは06年3月、笛吹市の自宅前で、男にサバイバルナイフで腹や背中などを刺され死亡した。
 常美さんは同年9月、公務災害認定を申請したが、同基金は07年3月、「男は高校在学中より恨んでいたとは認められない」などの理由で公務外災害と認定し、その後の不服審査請求も棄却した。 

【関連ニュース】
無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」
被害者遺族、情報求め資料配布=発生から3年、京都精華大生殺人
荷役業者殺害で懲役17年=裁判員「裁判官だけなら15年かも」
長男刺殺、二審も懲役6年=裁判員裁判「判断正当」
「警官で試みた探偵小説」=直木賞の佐々木譲さん

政治家、秘書と「同罪」ではない=鳩山首相(時事通信)
シムドライブEV、先行開発車事業…岡山県・鳥取県の狙い(レスポンス)
石川議員、離党の公算大きく(読売新聞)
<小沢幹事長>検察と全面対決 続投で政権にリスク(毎日新聞)
<足利事件>92年2月7日の地検聴取テープ(2)(毎日新聞)
[PR]
by stkaegjy9y | 2010-01-26 02:25

遺体写真から目そらし涙、女性裁判員を解任(読売新聞)

 福岡県小郡市で昨年5月、父親の頭部を鈍器で殴るなどして死亡させたとして、傷害致死罪に問われた無職尾篭(おごもり)和幸被告(30)の裁判員裁判の第2回公判が20日、福岡地裁であった。

 地裁は証拠の遺体写真を直視できなかった女性裁判員を解任し、補充裁判員の女性を後任にあてた。解任理由について、地裁は「プライバシーも保護する必要がある」と明らかにしなかったが、写真を見て体調を崩した可能性もある。

 尋問では、頭皮を切り取って頭蓋(ずがい)骨が陥没した様子を写した写真などが、モニターに表示された。女性裁判員は写真が示された際、画面から何度も目をそらしたほか、涙をぬぐうようなしぐさもした。

高速道 進化するSA・PA 快適な休憩設備、エコ重視の商業施設(産経新聞)
高速道路にサバ14トン散乱=トレーラーの積荷が落下−大分(時事通信)
政教分離訴訟 原告笑顔で会見 「地域の施設」困惑も(毎日新聞)
司馬遼太郎さんが愛した森再現、一般開放へ(読売新聞)
美少女フィギュア万引、千葉県警警部を逮捕(産経新聞)
[PR]
by stkaegjy9y | 2010-01-25 05:59

NSTが病院の増収に(医療介護CBニュース)

 日本病院事務研究会(会長=中林梓・ASK梓診療報酬研究所長)は1月20日、東京都内で定例の勉強会を開催し、関東学院大大学院非常勤講師でもあるMMオフィスの工藤高代表取締役が講演した。DPC病院などで医師や看護師、薬剤師、管理栄養士などで構成する栄養サポートチーム(NST)を設置することは現在、診療報酬で直接は評価されていないものの、治療成果が向上することなどから、最終的には医業収益の増加につながると説明した。

 工藤氏はこの日、「2010年診療報酬改定の全体像と医療経営への影響」と題して講演。中央社会保険医療協議会が15日に示した「2010年度診療報酬の改定に係る検討状況について(現時点の骨子)」を基に、論点を説明した。

 病院によるNSTの設置は現在、診療報酬で評価されていないが、これについて「『点数がないのでやらない』という論理があるが、そうではない」と指摘。包括評価であるDPC病院や回復期リハビリテーション病棟、療養病棟などでは、NSTを実施することで、収益増加につながると強調した。

 工藤氏によると、NSTが栄養指導を実施すると、摂食機能療法などの算定の増加が見込める。食事を経口摂取できる患者も増え、入院時食事療養費の増額につながる。一方、NSTの目的である高齢者の低栄養状態の改善により合併症が減少し、これに伴い抗生剤、輸液、抗真菌剤などの薬剤のコスト削減が見込める。工藤氏は「つまり、包括医療ではコストである変動費が抑制される」と強調している。
 さらに、治療成果が向上すると、患者や行政、マスコミなどから評価され、地域での地位を確立できる。これが患者や職員の集まる病院づくりにつながり、医業収益を高めると解説した。

 工藤氏はNSTの役割に関する自身の論文を紹介。この中で、「これからの診療報酬で重要なことは点数の有無や単体点数で採算性をみないことだ」と指摘し、「目先の単体点数ではなく、その背景やメッセージを読み取ることが重要」としている。


【関連記事】
ここまで進んだ 10年度診療報酬改定めぐる審議
【中医協】DPC新係数、4項目の導入を正式決定
チーム医療協議会、次期改定で中医協に要望書提出へ
【中医協】チーム医療、NSTへの診療報酬が論点に
診療報酬「大幅なプラス改定は難しい」―日本病院事務研究会長

首相「偽装献金事件、決着した」…衆院代表質問(読売新聞)
<名古屋市長>給与800万円案、曲げずに議会提出へ(毎日新聞)
交通網調査費盛りLRT減額 堺市議会が予算承認(産経新聞)
<神奈川県>不適正経理14億円 5年間で5073件(毎日新聞)
<ヤミ専従問題>更迭された前秘書課長が復帰…農水省人事(毎日新聞)
[PR]
by stkaegjy9y | 2010-01-23 14:50

民主「情報漏洩対策チーム」を野党が猛批判 「報道の自由を侵害」(産経新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入事件をめぐり、民主党が「捜査情報の漏洩問題対策チーム」の発足させたことに対し、自民党など野党は「言論・報道の自由を侵害する」と猛反発している。

 自民党の谷川秀善参院幹事長は19日の記者会見で、対策チームについて「あきれている。国会議員はそんなに偉いのか。本来は『反省する会』を作るべきだが、『隠蔽(いんぺい)する会』『圧力をかける会』じゃないか。大政翼賛会のようだ」と批判。「小沢氏は公人であり、政権与党の幹事長なのだから検察が話が聞きたいというならば行くべきだ。『何様と思っているんだ』という気持ちだ」と述べた。

 公明党の斉藤鉄夫政調会長は19日の衆院本会議代表質問で「政府機関たる検察当局に対し、与党・民主党全体が圧力をかけるごとき印象を与えるのは尋常なことではない」と批判した。

 民主党は18日、党役員会と常任幹事会で対策チームの設置を決めた。責任者は小川敏夫広報委員長。奥村展三総務委員長は「検察から情報漏洩が本当にあるのか、法的にどうなのかなどを調べる」と説明した。

【関連記事】
鳩山首相「権力でメディア歪めるつもりない」
子ども手当はハイチ支援の倍以上!みんなの党・渡辺代表が批判
自民・石破氏「米側は普天間移設で鳩山政権に強い懸念」
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」
東国原知事「不信感増長させた。小沢氏は国民に広く説明せよ」

警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑(時事通信)
推定震度分布を公表=標高データから算出−情報通信機構(時事通信)
<介護報酬不正受給>松坂市が8000万円返還請求へ 三重(毎日新聞)
SNA機が羽田に緊急着陸、車輪にトラブル(読売新聞)
「俺は暴力団ナンバー2」女性を脅して乱暴 容疑のアルバイト男逮捕 (産経新聞)
[PR]
by stkaegjy9y | 2010-01-22 20:55

燃えた新聞ポストに入れる=郵便法違反容疑で男を逮捕−警視庁(時事通信)

 火のついた新聞紙を郵便ポストに差し入れたとして、警視庁上野署は20日、郵便法違反容疑で、住所不定、無職佐藤公二容疑者(62)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、同日午後7時すぎ、東京都台東区台東の竹町公園前路上にある郵便ポストの投函(とうかん)口に火のついた新聞紙を差し入れ、内部の収集袋を焼損させた疑い。
 同署によると、ポストの中に郵便物はなかった。同容疑者は公園周辺で暮らすホームレスで、酒を飲んでいたという。 

【関連ニュース】
ホームレス殺害、二審も無期=木村被告の控訴棄却
ホームレス襲撃装う画像、ネットに=「誤解招きかねない」学生に注意
ホームレス雇いチケット購入=ネット転売で売り上げ1500万

暴力団も書きこんでいる? 組長が2ちゃん利用告白(J-CASTニュース)
「不景気で仕事なく」盗んだバイクでひったくり 34歳男追送検(産経新聞)
張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走(産経新聞)
小沢氏に「どうぞ闘って」…首相一問一答(読売新聞)
「厳粛に受け止め見守る」=石川議員逮捕で官房長官(時事通信)
[PR]
by stkaegjy9y | 2010-01-21 23:40

検察批判ではない=自らの発言を釈明−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は17日午後、元秘書の逮捕を受け検察批判した小沢一郎民主党幹事長を全面的に支持する考えを示したことについて「(幹事長)続投を認めるという意味で言った。検察批判をするとか、捜査に予断を与えるものではない」と釈明した。また、小沢氏については「しっかりと身の潔白を説明すると言っているので、それを信じたい」と語った。視察先の神戸市内で記者団の質問に答えた。
 首相は16日に首相公邸で小沢氏と会談。小沢氏が「幹事長を辞めるつもりはない」と伝えたのに対し、首相は「どうぞ闘ってください」と了承した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

開高健氏展 2月に青梅市で開催(産経新聞)
石川議員逮捕 「小沢体制で戦えるか」党大会で困惑の声(毎日新聞)
周産期医療の整備へ不動産取得税「特例措置」延長の周知を(医療介護CBニュース)
富士市で32歳主婦刺殺 「自分が刺した」と男が出頭 雇用めぐるトラブルか(産経新聞)
母親殺害で男を逮捕 瀬戸内海へ飛び込む「死にきれなかった」(産経新聞)
[PR]
by stkaegjy9y | 2010-01-21 05:59



はすばらしい
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
アディ・ギル号
from 淡路島 遊ぶだよ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧