夜の街

遺体写真から目そらし涙、女性裁判員を解任(読売新聞)

 福岡県小郡市で昨年5月、父親の頭部を鈍器で殴るなどして死亡させたとして、傷害致死罪に問われた無職尾篭(おごもり)和幸被告(30)の裁判員裁判の第2回公判が20日、福岡地裁であった。

 地裁は証拠の遺体写真を直視できなかった女性裁判員を解任し、補充裁判員の女性を後任にあてた。解任理由について、地裁は「プライバシーも保護する必要がある」と明らかにしなかったが、写真を見て体調を崩した可能性もある。

 尋問では、頭皮を切り取って頭蓋(ずがい)骨が陥没した様子を写した写真などが、モニターに表示された。女性裁判員は写真が示された際、画面から何度も目をそらしたほか、涙をぬぐうようなしぐさもした。

高速道 進化するSA・PA 快適な休憩設備、エコ重視の商業施設(産経新聞)
高速道路にサバ14トン散乱=トレーラーの積荷が落下−大分(時事通信)
政教分離訴訟 原告笑顔で会見 「地域の施設」困惑も(毎日新聞)
司馬遼太郎さんが愛した森再現、一般開放へ(読売新聞)
美少女フィギュア万引、千葉県警警部を逮捕(産経新聞)
[PR]
by stkaegjy9y | 2010-01-25 05:59
<< 卒業後24年でも公務災害=元教... NSTが病院の増収に(医療介護... >>



はすばらしい
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
アディ・ギル号
from 淡路島 遊ぶだよ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧